Page0001
加瀬邦彦氏が亡くなった。報道では自らその人生の幕を降ろされたということだが、その死は悔やまれてならない。
加瀬氏は、その余りある才能で、我が国のミュージック・シーンを牽引した。
清野太郎率いるキャノン・ボールでロカビリアンとしてスタートを切ってから、スパイダース、ブルー・ジーンズを経てワイルド・ワンズを結成。グループ結成がビートルズに触発されてというだけあって、グループ・サウンズ全盛時、他のグループが職業作家の手による楽曲をリリースする中、ワイルド・ワンズは犲作自演瓩離好織ぅ襪魎咾い拭
 その才能は、ザ・タイガースの六枚目のシングル「シー・シー・シー」においても如何なく発揮された。この曲が出来た時の様子を、氏は著書「ビートルズのおかげです」で、以下のように語っている。
―そんなある日のことだ。仕事のあと飲みに行って、朝の五時ごろ家に帰り、さて今日は休みだからゆっくり寝てやるぞ、と思ってベッドに入ると電話が鳴った。−略−タイガースの中井マネージャーだ。「急な話ですいません。牴屬亮鷯り瓩亮,離轡鵐哀詒廚離譽魁璽妊ングをしたのですが、もうひとつインパクトがなくて、昨晩の会議で別の曲を加瀬さんに作ってもらおうということになったのでお願いします。昨夜の十時ごろから何十回も電話していたんですが、つかまらなくて困っていたんです」本当に困っている様子だ。「わかった。いつまでに作るの?」「今朝の十時から原宿のポリドールのスタジオでレコーディングするんです。タイガースのスケジュールは今日しかあいていないし、発売日に合わせて、レコードのプレス工場も他のレコードのプレスをすべてストップして待っているんです」「な、なんだって?今日の十時って、朝の十時?あと五時間しかないじゃない」ベッドの横の時計を見た。五時十五分だったー
 その後、作曲家として沢田研二の1等賞シリーズ「危険な二人」「追憶」を世に送る。だが、私が最も秀逸だと思っているのが1980年12月23日にリリースされた「おまえがパラダイス」だ。この曲は元ロカビリアンだった加瀬氏にしか作り得ない名曲中の名曲だ。
 加瀬邦彦様、安らかにお眠り下さい。合掌
Page0001 - コピー