「僕のマリー」から10年、沢田研二は「勝手にしやがれ」で1977年の音楽賞を総ナメにし、大衆音楽のキングの座に着いた。沢田はまるで魔法をかけるように、与えられた楽曲を独自の存在感のみで大衆に受け容れさせたのである。それはロック・シンガーとして古典的なボーカル・スタイルを崩すことなく、絶えず斬新なイメージを大衆に与え続けた芸術的とも呼べる表現力の成せる技だった。郷ひろみや西城秀樹といったフォロワー達が彼のスタイルを真似たことで、Wikipediaには下記の記述が成されている。
「PYGは萩原が参加できるときだけその名を名乗り、参加できないときには沢田のバックバンドとして活動した。これがのちの井上堯之グループの前身である。その後井上堯之バンドと名乗り、バンド独自の活動もするが、基本的に沢田の専属のバックバンドとなる。これにより、国内の音楽シーンにおいて、歌手が専属バンドを率いた最初の例となった。」
ソロ・シンガーとしてスタートした沢田の歌唱スタイルに関する表記であるが、この記述では彼がまるで専属バンドを持った先駆者のように書かれている。だが歌手が専属バンドを率いたスタイルは沢田が最初の例ではない。沢田が登場する少し前にブームとなったロカビリーは、歌手達はみな専属バンドを率いていたのだ。ソロになった沢田は、独自のスタイルを、自らがブームを作ったGSより前のロカビリーに戻したのである。沢田はロカビリアンとして第二のブームを生み出したのだ。それは彼がリスペクトする内田裕也や、ソロになって最初のヒット曲を作った加瀬邦彦がロカビリー出身であったことからしても、ごく自然なスタイルだったと言える。
 このようにして沢田は、世間がキワモノ扱いしたロック・シンガーとして初めてメイン・ストリームを制した。勢いを駆った彼はレコ大連続受賞に向けて翌78年もヒットを連発する。だがこの1978年こそが、日本の音楽シーンにおいてエポックとなる年だったのだ。この年、ツイスト、サザンオールスターズ、アリス、ゴダイゴといった自作自演グループが大ブレイクする。彼等は、自らが生み出した楽曲とサウンドのオリジナリティを武器にメジャー・シーンに登場するが、そのブレイクを後押ししたのが、この年の1月からTBSでオン・エアされた「ザ・ベストテン」だった。この番組は生放送の強みを活かしリアルタイムでヒット曲を紹介すると同時に、チャート・インした歌手はたとえテレビというメディアを毛嫌いするアーティストであってもしつこく交渉を続け、挙げ句の果て引きずり出し(中には頑強に拒み続けたミュージシャンもいた)、ランキングという誰もが納得せざるを得ない要素をもって、アイドルからロックから演歌からコミック・ソングに至るまであらゆるジャンルの楽曲を、それぞれの垣根を取り払うが如く視聴者の眼前に並べたのである。この番組の成功によって、従来のアイドルとは程遠いミュージシャンであっても、大ヒットを飛ばせば誰もが人気スターになれる時代が到来したのだった。ちなみに翌79年の月刊明星が行ったオールスター人気投票では、ツイスト第2位、ゴダイゴ第3位、サザンオールスターズ第6位、アリス第8位と、自作自演バンドがベスト10を席巻する結果となった。そんな中で沢田が存在感を維持するためには、従来にも増して強烈なインパクトを大衆に与える必要があった。彼が選択したのはサウンドのオリジナリティではなく、メイクや衣装をはじめとしたビジュアルを重視する戦略だった。1979年を境に、沢田の奇抜なステージは、ますますエスカレートしてゆくのだった。