●1968年
 1月 1〜 3日 ジャズ喫茶出演。
    9日 渡辺プロ新年会。
   10日 ウエスタン・カーニバル打合せ。
   15〜22日 日劇「ウエスタン・カーニバル」に出演。
   27日 渋谷公会堂で労音主催の「タイガース・ショー」開催。
       この時楽屋で沢田と加橋が大喧嘩。
 2月10〜23日 主演映画「世界はボクらを待っている」の撮影。
 3月10日 日本武道館で新曲「花の首飾り」の発表会開催。
   22日 「世界はボクらを待っている」撮影完了。
   25日(15日?) 「銀河のロマンス」「花の首飾り」が発売。
   29〜31日 大阪梅田コマで「タイガース・ショー」開催。
 4月 2〜 7日 グァム島で6日間のバカンス。
   10日 主演映画「世界はボクらを待っている」封切り。
   20日 2枚目のLP「世界はボクらを待っている」(サウンド・トラック)発売。
 5月 4〜10日 日劇「ウエスタン・カーニバル」に出演。
   19日 加橋がナベプロ制作スタッフに退団の意思を漏らす。
 6月 4日 後楽園球場で「ザ・タイガース・ショー」を開くことが決定。
   18日 3枚目のLP制作の打合せ。
 7月 1〜 7日 北海道公演。
    5日 6枚目のシングル「シー・シー・シ−」が発売。
   31日 大手町サンケイホールで「光ある世界」のレコーディング。
 8月 3日 軽井沢「真夏の夜の夢」に出演。
    7〜11日 後楽園球場「ザ・タイガース・ショー」のリハーサル。
   12日 後楽園球場「ザ・タイガース・ショー」開催。
   26〜
 9月 2日 日劇「ウエスタン・カーニバル」に出演。
   〜10日 レコーデイング。
   27日 フジテレビ「スター千一夜」3000回記念で富士山頂でビデオ撮り。
10月 5日 7枚目のシングル「廃墟の鳩」が発売。
    6日 主演映画第2作「華やかなる招待」がクランク・イン。
   12日 文化放送で「レッツゴー・タイガース」がスタート。
11月 1〜5日 浅草国際劇場で「ザ・タイガース・ショー」開催。
   25日 LP「ヒューマン・ルネッサンス」発売。
12月 1日 8枚目のシングル「青い鳥」が発売。
    4〜14日 CM撮影を兼ねて渡米。
   21日 主演映画第2作「華やかなる招待」全国一斉に封切り。
   22日 加橋がメンバーに退団の意思表示をする。
●1969年
 1月 3〜 6日 北海道公演。
   14〜20日 日劇「ウエスタン・カーニバル」に出演。
 2月 2日 加橋退団についてミーティング。
    5日 大阪フェスティバルホールで「タイガース・ショー」開催。
   11日 LPの打合せ。
 3月 5日 渋谷・斉藤楽器でレッスン中、加橋が失踪。
    8日 日比谷ピータース・レストランで加橋の除名を発表。
    9日 4人のメンバーで箱根へ合宿。
   11日 加橋の後釜に岸部四郎が決定。
   12日 岸部四郎がアメリカより帰国。形だけのオーディション。
   13日 加橋がレコーディングのため渡欧。
   15日 日比谷帝国ホテルで岸部四郎加入の記者会見。
   20〜21日 レッスン。
   23日 京都会館で「新生タイガース」の初ステージ。
 4月 3日 新宿ACBに出演。
    5日 新生タイガース第1弾シングル「美しき愛の掟」発売。
 5月 1〜8日 日劇「ウエスタン・カーニバル」に出演。
   16日 瞳の蒸発計画が発覚。岸部、中井マネージャーが瞳を説得、同時にプロダクション側
       は9月一杯でタイガースを解散させることを条件に瞳を思い止まらせる。
   27日 3作目の主演映画「ハーイ!ロンドン」のロケに出発。
 6月 1日 ロンドンでレコーディング。
    9日 ロンドンより帰国。
   11〜21日 東宝撮影所で「ハーイ!ロンドン」の撮影
 7月 5日 沢田をフィーチャーしたシングル「嘆き」発売。
   12日 主演映画「ハーイ!ロンドン」が封切り。
   25日 ビージーズのギブ兄弟が作った「スマイル・フォー・ミー」が発売。
 8月 3日 軽井沢「真夏の夜の夢」に出演。
   25〜
 9月 1日 日劇「ウエスタン・カーニバル」に出演。
       会場で沢田がファンに対してタイガースは解散しないことを宣言。
    8日 当初の意向を無視したプロダクションの姿勢に対し、瞳が強硬に年内解散を主張。
    9日 渡辺プロ・松下制作部長と東京プリンス・ホテルでミーティング。解散は万国博覧会開
       催後まで見合わすことが決定。
10月 6日 フジテレビ「夜のヒットスタジオ」に初出演。
11月 1〜7日 浅草・国際劇場「タイガース・ショー」開催。
12月 1日 シングル「ラヴ・ラヴ・ラヴ」発売。
    2〜10日 沢田のソロ・アルバム「ジュリー」のレコーディング。
●1970年
 1月 2〜3日 大阪フェスティバル・ホールで「ザ・タイガース・ショー」開催。
   13日 川添史朗氏の葬儀に参列。
 2月 1日 LP「サリー&シロー」が発売。
   21日 シングル「都会」のレコーディング。
   26日 「ヘアー」出演中の加橋が大麻所持で逮捕。
 3月20日 通算13枚目のシングル「都会」が発売。
 4月 5日 テレビ「虹のお祭り広場」が放送開始。
   26日 万博ホールで「ザ・タイガース・ショー」開催。
 5月 3〜9日 日劇「ウエスタン・カーニバル」に出演。
   10日 万博ホール「ヤング歌謡フェスティバル」に出演。
 6月13〜17日 浅草・国際劇場「タイガース・ショー」開催。  
 7月 1日 シングル「素晴らしい旅行」発売。
    4日 中井マネージャーとミーティング。10月解散の方向が出る。
   10日 沢田主演のテレビ「ジュリーとともに」が放送開始。
   22日 プロダクションと解散についてミーティング。
   26〜27日 姫路・岡山・大阪公演。
 8月12日 万博「ウエスタン・カーニバル」に出演。
   22日 田園コロシアムで「タイガース・ショー」開催。
 9月15日 LP「ザ・タイガース・アゲイン」発売。
   25〜27日 大阪・梅田コマで「タイガース・ショー」開催。
10月 1日 年内で解散することが内定。
   30日 京都会館で「タイガース・ショー」開催。
11月 6〜8日 北海道公演。
   20日 最後のシングル「誓いの明日」が発売。
12月 7日 日刊スポーツ誌に「タイガース解散」が報じられる。
    8日 記者会見。
    9日 プロダクションでミーティング。
   11〜13日 九州方面へ最後の地方公演。
   15日 LP「自由と憧れと友情」が発売。
●1971年
 1月 3〜4日 大阪フェスティバル・ホール出演。
   15日 グループとして最後の「ウエスタン・カーニバル」に出演。
   24日 日本武道館で「ザ・タイガース・ビューティフル・コンサート」開催。解散。