「時代の覇者は次代の覇者にはなれない」というマーケティングのセオリーを具現化するかのように、GSの覇者達は次のブームの覇者にはなれなかった。
PYGが踏み込んだニューロックの世界で彼等を待っていたのは、かつての黄色い声援ではなく、野次と罵声と空き缶の襲来だった。
当時反体制のシンボルだったニューロックの支持者達にとって、ロックの何たるかを理解できない少女達のアイドルとして既成のメディアの中でもて囃されていた彼等の存在は、到底受け容れることの出来ない体制側の象徴だったのだ。だが後々まで語り種となる日比谷野外音楽堂でのコンサートで、彼等に向かって投じられた空き缶の中には、純粋にロックを信奉する支持者達に混じって、熱狂的な瞳ファンの怨念の礫も含まれていたのだった。
同時期、彼等がもと居た場所では、和製ポップスに飽きた大衆の間で、新たなスターが誕生していた。
幼い頃から父母と旅回りをし、「十五、十六、十七と、あたしの人生暗かった」と歌う藤圭子と、中学卒業後、集団就職で数え切れないほど職業を替え、魂から絞り出すような歌声でメジャー・シーンに登場した森進一である。暗い過去から「苦節〜年」を経て脚光を浴びるようになった二人の歌う演歌は、当時「怨歌」と呼ばれ、多くの大衆の支持を受けたのだった。
そしてこの「苦節〜年」というキーワードは、日本が敗戦の焦土から立ち上がり、漸く近代国家の仲間入りを果たすまでに至った当時の情勢と重ね合わせられ、「苦労してのみ成功が許される」という定義をサクセス・ストーリーに与える。一方で高度経済成長を支えた大量生産主義は60年代の終焉と共にその綻びを見せ始め、加工重視から素材重視へ、作り物から本物へと価値観がシフトされてゆく。
このような時代のトレンドは歌謡界にも波及し、メディアによって粗製された俄アイドルは影を潜め、菅原洋一や由紀さおりといった実力派歌手達が次第に脚光を浴びるようになる。そしてこの現象は、アイドルの象徴だったザ・タイガースが解散し、同時にPYGが誕生した1971年に顕著となった。
この年の春、GS全盛時代に全く認知されなかったワンダースのギタリスト尾崎紀世彦の歌う「また逢う日まで」が95万枚を売り上げるビッグ・ヒットとなり、その年のレコード大賞をはじめ各賞を総ナメにする。この原曲は、ズー・ニー・ブーの「ひとりの悲しみ」であり、大ヒットによって歌い手ばかりでなく楽曲もが陽の目を見ることとなった。また夏をむかえる頃には、デビュー後、鳴かず飛ばずで幾度も芸名を変えていた五木ひろしが、最後のチャンスを掛けて挑戦した歌謡コンテストで優勝し、「よこはま・たそがれ」を大ヒットさせる。年末になるとスイング・ウエストのボーカリストだった湯原昌幸がGS時代にリリースした「雨のバラード」をリメイクし、60万枚を超える大ヒットでオリコン・チャート1位を達成。マスコミはこの三人に、「苦節〜年、いま俺たちの陽が昇る」と題して華々しいスポットを当てるのだった。
こうして70年代初頭のミュージック・シーンは、新たな時代を迎えようとしていた。ロックの新天地を求めて出発したPYGにとって、もはや彼等を受け容れる場所は何処を捜しても見つからなかったのだった。