ザ・タイガースの真相

2005年10月、完全復活を願ってブログを始めましたが、ようやくその願いが実現しました。 タローは音楽の総責任者です。「タイガースのテーマ」のダンスの時、皆の脚がちゃんと挙がっているかを振り向いてチェック! トッポはステージ衣装からグッズのTシャツまで、全てのデザイン担当。牧師ルックは1968年・秋のウエスタンカーニバルを思い出します。 ピーは長いこと中国に監禁されてた?(笑)いやいや日中友好の懸け橋となって活躍しています。 サリーはグループの重しです。イットクけど、サリげなく・・・・ね。 沢田研二は沢田幹事。大阪で美味しいもん、ぎょうさん食べてってや!

2008年02月

 ムッシュかまやつが著書「ムッシュ!」の中で「わけのわからないものが突然とんでもないところに出てくるというのが芸能本来の正しいあり方」と書いているように、常に大衆の好奇心を掻き立てるのが芸能の役割であった。  だがグループ・サウンズが登場した当時はエレキ ...

1960年代を通じて、マスコミを賑わせた言葉に「前衛」というのがある。この言葉の意味はWikipediaによると  「avant-garde(アバンギャルド:フランス語)の和訳。本来は軍事用語で「最前線」の意。現状に対して変革を志向し、時代の先端に立とうとするような立場・姿勢 ...

●1968年  1月 1〜 3日 ジャズ喫茶出演。     9日 渡辺プロ新年会。    10日 ウエスタン・カーニバル打合せ。    15〜22日 日劇「ウエスタン・カーニバル」に出演。    27日 渋谷公会堂で労音主催の「タイガース・ショー」開催。 ...

●1965年  1月 3日 岸部宅で新年の顔合わせ(岸部、森本、加橋、瞳)。     5日 大阪フェスティバルホールにてベンチャーズ鑑賞。    10日 バンド結成の話が出る。  5月 7日 森本宅にある踊りの稽古場で初めてのレッスン。  6月 4日 加 ...

このページのトップヘ