ザ・タイガースの真相

2005年10月、完全復活を願ってブログを始めましたが、ようやくその願いが実現しました。 タローは音楽の総責任者です。「タイガースのテーマ」のダンスの時、皆の脚がちゃんと挙がっているかを振り向いてチェック! トッポはステージ衣装からグッズのTシャツまで、全てのデザイン担当。牧師ルックは1968年・秋のウエスタンカーニバルを思い出します。 ピーは長いこと中国に監禁されてた?(笑)いやいや日中友好の懸け橋となって活躍しています。 サリーはグループの重しです。イットクけど、サリげなく・・・・ね。 沢田研二は沢田幹事。大阪で美味しいもん、ぎょうさん食べてってや!

2005年10月

ザ・タイガースほど、その人気の凄さが引き合いに出されるグループも数少ないだろう。 少し前にはSMAPと比較され、「いや当時のタイガースに較べたら・・・・」などと自慢気に語るオジサンやオバサン達をよく見かけたものだ。 彼等が「伝説」を創った時代と今とでは、アイ ...

1967年5月5日、タイガースは2枚目のシングル「シーサイド・バウンド」をリリースした。 この曲は「バウンド」というリズムを取り入れ、フロントの4人が間奏のところでそのステップに乗って踊るもので、「シャボン玉ホリデー」や「ヤァヤァヤング」など既にレギュラー番組を持 ...

1966年12月1日、彼らの記念すべきデビュー・シングル「僕のマリー」がレコーディングされた。 この年は、加山雄三の「君といつまでも」が大ヒットし、若大将ブームが起こるが、一方でビートルズやベンチャーズの影響を受けた若者達がエレキバンドを作り、彼等によってジャ ...

ナベプロの戦略によって、僅か2年でグループとしての存在意義を喪失してしまったザ・タイガース。 しかし彼等が巻き起こした爆発的な人気は、決してプロダクションによって作られたものではなかった。むしろ彼等の人気が出たことで、ナベプロは彼等をコントロールし始めた ...

加橋の除名が松下宣伝部長から公式に発表される前に、美佐はヒルトンホテルに加橋と彼の母親を「軟禁」状態にし、加橋がパリでソロアルバムをレコーディングするための渡航手続を済ませていた。 しかしナベプロが仕掛けた加橋の「タイガース除名」劇は、公には、いやタイガ ...

1971年1月24日、ザ・タイガースは4年間のグループ活動に終止符を打った。 しかしザ・タイガースが自ら「グループ」であることの意味を消滅させたのは、それより2年前の3月5日だった。 1969年3月5日−。 加橋かつみがメンバーの前から姿を消した日である。 その日はあたかも突 ...

このページのトップヘ